【読んだ】暮沢剛巳『オリンピックと万博 巨大イベントのデザイン史』

オリンピックと万博 (ちくま新書)
▼日本に「デザイン」という概念を普及させたのは1960年に開かれた「世界デザイン会議」であり、そこではデザイナーのミッション、とりわけ社会的な責務について確認されたと。1964年の東京五輪と1970年の大阪万博はその概念の実体化をする機会だったと。本書では、丹下健三亀倉雄策、勝見勝、岡本太郎の4人のスターがどう東京五輪大阪万博の双方に関わったのかについて、著者の批評的判断を加えつつ、2020年の東京オリンピックの問題点をあぶり出す、というものかと。

▼デザインの観点から東京オリンピックをみた時に、勝因はデザインポリシーを貫徹した事だと。具体的には、勝見勝の統率のもと、オリンピックに関するすべてのデザインを亀倉雄策のシンボルマークと統一感が出るように徹底させたと。他方、東京オリンピックとほぼ同じ布陣で臨んだ大阪万博に関しては、デザインポリシーの統一に失敗したと(この辺は、吉見俊哉の『万博幻想』にも詳しい)。それはイベントとしての性質の違いもさる事ながら、6年の間にデザイン業界の中に起こった勢力図の変化等々に対応できなかったからだと。

▼他方で万博について、万博のレガシー()として後世に残っているものが、開催当時には不評だったものばかり、というのが興味深い。万博の理念を正当に体現したと思われた菊竹清訓のエキスポタワーはその後注目されずに取り壊され、メタボリズムも万博をピークに衰退すると。他方で開催当時不評だった太陽の塔が永久保存されとると。また、松本俊夫横尾忠則中谷芙二子といった面々が参画した「せんい館」は開催当時不人気だったものの、その後高く再評価されていると。おそらくこの辺りは、万博当時は「ノイズ」として捉えられていたものが、後々評価されている、という事なんじゃないかと。

▼2020年の東京オリンピックについては、やはりデザインポリシーの不在が問題だと。加えて、ザハ・ハディド佐野研二郎の問題で露呈したのは、組織としての脆弱さと、責任の所在の曖昧さだと(言わずもがな、ザハ・ハディドは何も悪くない)。加えてこれは僕の予想ですけど、これらの騒動はおそらく運営組織をますます及び腰にさせたはずで、万博の時の様にノイズの様なものが入る余地はますます少なくなってるんじゃないでしょうか。

万博幻想―戦後政治の呪縛 (ちくま新書)

万博幻想―戦後政治の呪縛 (ちくま新書)

【読んだ】中北浩爾『自民党 「一強」の実像』

自民党―「一強」の実像 (中公新書)
▼頻繁に言われる様に、かつての自民党政治の特徴は「(1)ボトムアップとコンセンサスを重視する意思決定」と、「(2)派閥政治によって生まれる党内の多様性」であり、これが利益誘導政治をもたらしていたと。それが94年の政治改革、小泉改革民主党への政権交代等々の転換点を経て崩壊していく過程と、それを経ての安倍政権の政治手法を分析するのが本書のコンセプトかと。

▼例えば小選挙区制度の導入によって生じた事のひとつに、族議員の弱体化があると。中選挙区制度の元では、例えば農林なり建設なり水産なり政策分野一本で勝負しても選挙区内で他の議員と棲み分けができたと。しかし小選挙区制度の元では選挙区内のあらゆる要望に応えなければならず、そんなもん無理やろと。

▼派閥の弱体化もやっぱ小選挙区制度の影響がでかいと。すなわち選挙区内で棲み分けができない以上、公認に際して派閥の影響力は低下すると。加えて政治資金改革で議員への資金配分は派閥経由から議員個人への直接交付になったと。で、こんなんやったら議員が派閥に属するメリットって昔ほど切実なものではなくなってるよね、と。

▼友好団体(業界団体)も、経済縮小と政治改革の影響で影響力を失っていると。因みに業界団体は財界(経団連)とそれ以外では全く意向が異なっていると。後者は利益誘導を求めてきたのに対し、前者は一貫して利益誘導政治を批判し続けており、企業を通じた政治献金を続ける理屈も一筋縄ではなかったんだよ、と。

▼その他にも事前審査制から官邸主導への流れとか諸々あるわけですが、要するに利益誘導政治ができなくなり、固定票も減ってると。そしたらどうやって票を取るかって言ったら右翼っぽい理念とかで浮動票を取るしかないという話ですよねと。なので多分、今の自民党の右傾化については、どちらかというと消極的な成り行きでああなってるんでしょうね。多分それはマーケティングの発想なんでしょう。

▼本書の最後にある、安倍と小泉の比較は面白かった。小泉改革インパクトはやっぱりデカかったんだけど、小泉の動機は要は田中派を潰す事だったと。それは彼の政治家としての原点が角福戦争での敗北にあり、田中派に象徴される利益誘導政治を解体したかったと。従って人事も派閥に基づく慣行を無視してかなり排他的な事をやったんだと。

▼対して安倍の政治的な原点は自民党の下野であり、そこでの主要敵は民主党だったと。安倍は小泉の後を継いだ訳ですが、改革の結果支持基盤が弱体化している事への危機感がベースにあるのかと。従って必要なのは小泉的な党内改革ではなく、民主党への対抗のための党内結束だと。なので人事もかなりバランスを見ていて、安倍の党内支持が高いのはこの手法の巧さ故だと。因みにアベノミクスって結局、かつての公共事業を通じたインフラ整備と新自由主義的な政策の両立を狙っていると。要は、小泉がやり過ぎだったとしたら、安倍はそこで失われたバランスを取ろうとしている、ということかと。多分、安倍の右翼っぽい感じとか金融政策の過激さとかってのは本人の信条に基づくものではなく、どちらかと言うと行きがかり上やらないといけない役割を引き受けている、という感じなんじゃないかと。

▼改めて感じたのは、戦後の日本にはやっぱり分厚い「社会」というのがあって、それがめちゃくちゃ薄くなっているのが今、という事なんだろうなと。とはいえ、そのかつてあった「社会」ってのはめっちゃ前近代的なものだったんでしょうね。良し悪しは別にして、おそらくは投票行動についても「個人が数百万円得(損)をする」というのとは全く別の投票の動機がかつてはあったんでしょうが、今はそういうの全く無いんだろうなと。

自民党―「一強」の実像 (中公新書)

自民党―「一強」の実像 (中公新書)

【読んだ】伊藤亜紗『目の見えない人は世界をどう見ているのか』

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
▼「情報」と「意味」の違いについて。「情報」が客観的でニュートラルなものであるのに対し、「意味」とは「情報」が具体的な文脈に置かれた時に生まれるものである(p31−32)。おそらく本書は、個人の身体(と環境のコミュニケーション)を文脈として捉えた上で、そこで生まれる「意味」の多様性を読み解くものかと。強調されるのは、ここでの着眼点が福祉的な観点とは別だという事である。ここで言う福祉的な観点とは、視覚障害(という呼び方を本書は肯定する)を「情報」の欠落と捉えた上でその欠落を補完しようとするものであり、本書はこれを志向するものではないと。異なる感覚構造を持つ人々の世界認識を紹介する事を通じて相対化されるのはむしろ晴眼者の身体であり、おそらくは更に加えて、個々の身体の感覚(スケールとペースとパターン?)が可塑的であり変容可能なものである、という事をソーシャル・ビュー等の試みを通じて描き出す点が肝なのかと。

▼とりわけ面白かったのが、「視点」に関する分析。見える人の場合、モノの認識が「どこからみるか」という「視点」によって規定されていると。それは例えば「表/裏」と言ったように、空間や面にヒエラルキーを作ると。それに対して先天的に目が見えない人の場合、「表/裏」にヒエラルキーをつける感覚がないと。見える人には常に、視点によって生まれる死角が存在するけれども、見えない人にはそれがないと。また、視覚を前提にした文化イメージにおいては奥行のあるものを平面化する(三次元を二次元化する)特徴があり、見える人のモノの見方はやはりこれに規定されて(しまって)いる。そのため、見えない人の方が見える人よりも「物が実際にそうであるように(≒概念的に)理解している(p68)」と。

▼本書の序盤でユクスキュルが紹介されるのだけど、言わずもがなこの本は、身体と環境の関係への関心に基づいて書かれたものなんだと思う。ポリコレへの批判等も出てくるものの、恐らくは純粋に、著者の専門であるところの美学の本なんだろうなと。即ちそれは、人間の知覚の構造と制度を相対化し続ける作業なのではないかと。

【読んだ】太下義之『アーツカウンシル アームズ・レングスの現実を超えて』

アーツカウンシル アームズ・レングスの現実を超えて (文化とまちづくり叢書)
▼アームズレングスなる原則があると。本書の文脈においてこれは、助成団体たるアーツカウンシルが政府と一定の距離を保つ事を指すと。でもまぁ普通に「え、アーツカウンシルって公的機関っぽいけどそんなんできるん?」ってなるけど、まぁ案の定絵に描いた餅で、今まで一度も実現されたことはなかったいうのを海外の事例の分析を通じて示す。むしろ文化政策の予算増額や総合政策化等々、一見すると望ましい動きがある度にアームズレングスの理念は阻害されていく(政策進化のジレンマ)。この辺は昨年末に訳出された『文化資本』にも詳述されている。

▼本書は、上述の様な現状を見据えた上で、それでもなおアームズレングスなるものを踏まえた制度設計を試みるもの。アームズレングスは具体性を欠いた理想論であるという事を割と最初にゲロった上で、日本版アーツカウンシルやるとしたら日本の特殊性に合わせてこの理念を揉まないとダメだよと。で、日本の政策意思決定構造や地方政治の状況をみるとどうかっていうと、むしろ政策提言とか議会説明とか、政治との密なコミュニケーションの方がむしろ必要なのでは?と。まあ、アームズレングスの本質的なエッセンスを失わず、しかし理念としての揉み込みはもっと必要だよね、という当たり前の(しかしあまりやられてこなかった)話かと。

▼日本の文化行政の現状を分析するにあたっては、当然55年体制的な戦後の経済状況を踏まえないとダメだよ、と。当たり前だけど、90年台の文化施設の建設ラッシュってアメリカからの内需拡大要求に伴う地方債の乱発があって、という生々しい話があると。その上で、これって要は単にハコモノで文化的な動機なんてなかったよね、という事を率直に示している辺りは、政策決定者だけじゃなくて学生とかちゃんと読むべきだと思いましたね。文化政策の議論なりなんなりの話をする中でこの手の話を見ないフリしてる場面って昔からよく見るんですけど、そういうの本当にヌルすぎる。本書の中で、公共ホール(びわ湖ホール)が議会にイチャモンつけられた話が出てくるのですが、おそらくは「真面目に考えとかかないといつでも潰されるぞ」という危機感を筆者が示しているのではないかと思いました。

▼アーツカウンシルの役割について。本書で示されるのは「助成事業」「パイロット事業の実施(ケーススタディの構築)」「調査研究に基づく政策提言」だとする。この内、やっぱり調査研究はめっちゃ大事だよねと。とはいえ、日本で「文化的な動機」ってどこに見いだせるんだろう?というそもそもの疑問は拭えない。

▼日本の文化行政の現状と照らし合わせるならば、例えば指定管理者としてシノギを得てる自治体の外郭団体とかがつまんないことばっかりやってるのとかみると、調査研究の重要性を喚起するのはとても大事なのだと思います。あの人達って「(結果論的な)財政的な安定性」と「専門知のストック」を維持する事くらいしか強みないでしょ。ただ、「いつまでも外郭団体にハコモノ仕切らせると思うんじゃねえぞ」みたいな話自体はよく聞くけど、とはいえその反面、あーゆー連中が一生懸命になってるのって結局行政や議会との関係のメンテナンスなのかも、とも思っていて、その辺の実態はようわからん。

▼なんか、この記事を思い出した。
http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/review/0612_01_03.html

アーツカウンシル アームズ・レングスの現実を超えて (文化とまちづくり叢書)

アーツカウンシル アームズ・レングスの現実を超えて (文化とまちづくり叢書)

文化資本: クリエイティブ・ブリテンの盛衰

文化資本: クリエイティブ・ブリテンの盛衰

【読んだ】清水高志『実在への殺到』

実在への殺到 (水声文庫)
▼物凄く大雑把に言って、思弁的実在論オブジェクト指向存在論、人類学の存在論的転回等々、ここ数年の人文学の潮流は、カント的な主客図式を乗り越えるためにモノと人間の様相(フラットネス)を再考しつつ、主体客体の概念を練り直しているのかと。本書はこの手の話のガイドにもなるのだが、そこに(ラトゥールのANT及び)セールの準-客体論、W.ジェイムズと西田幾多郎純粋経験論等を接続し、よりラディカルな議論が展開する所が肝かと。これによって多分、主体と客体のそれぞれの流動的な側面が強調されるのかな、とぼんやり理解した。

▼下手の横好きが過ぎるかもしれないけども、昔仏教の解説書を読んだ時に「自我を認知の集合として捉える」というような事が書いてあってそれがとても印象に残っていたのだけど、それと近年の西洋哲学の潮流がどう関連するのか、少し興味がある。

▼多分、単に主客図式を否定するのではなく、主と客をアドホックなものとして流動的なもののして捉える、というイメージかと。

実在への殺到 (水声文庫)

実在への殺到 (水声文庫)

【読んだ】勝川俊雄『魚が食べられなくなる日』

魚が食べられなくなる日 (小学館新書)
▼なるほどこれは評判通り面白い。問題化されているのは水産行政の無策っぷりな訳ですが、その分析を通じて、今の日本全体が抱える構造的問題が浮かび上がる。

▼日本の漁業の現状について。日本の海洋資源は枯渇しているが、何ら対策を打っていない。一刻も早く漁獲規制を取り入れろと。適切な漁獲規制によって長期的な漁獲量を確保し、同時に付加価値をつけて産業成長を図るのが世界的なトレンドで、未だに漁獲規制をしてないのは日本くらいやと。で、これはやっぱ国が旗振れよと。あと、補助金は場当たり的な延命にしかならないから減らすべきと。

海洋資源が減った理由は単純に日本の漁業の乱獲だと。じゃあなぜ放置されたのかというと、端的に日本の政策の戦略のなさだと。EEZの設定前、日本は海外国の沿岸で漁しまくったんだが、EEZの設定の後も漁獲規制を行わなかったと。事実上乱獲だった訳ですが、バブルでイキってたので海外から爆買いできたのと、漁協には補助金バラ撒けたので漁獲が減っても問題化しなかったと。

▼でもまあその後は本朝ご覧の有様なので、漁獲上がらない上になり手不足と高齢化で水産業マジでやばいと。加えて中国さんとか実は滅茶苦茶頭良いので多分今のままだと絶対勝てないと。で、ここまで来ても今も水産庁は頑なに漁獲規制をしようとしない訳ですが、その論理はもう滅茶苦茶だと。研究機関も水産庁天下りでズブズブなので、まともな政策根拠も出ていないと。

▼改革ができないのはやっぱ戦後の体制ひきずっちゃってるからだと。昔は業界団体→族議員→水産官僚、みたいな権益構造があっての事だった訳ですが、もはや今は漁協は票田にならず、そもそも代議士もやる気ないので陳情とかすらできない状況やと。まあなので改革するなら業界に体力があった70-80年代だったけど機会逃したよね、と。で、頻繁に言われるようにキャッチアップでのし上がった本朝、制度を変えるのが苦手なので困ったねと。でも今も頑なに守ってるその制度、EEZ以前の公海自由の原則のもとでできた上に、そもそも国が経済成長してるのが前提になってるからマジでなんとかしないと詰むよ、っていうか既に詰んでるよ、と。

▼読む前は、意識高めの皆さまが溜飲下げる感じの本かと思っていたのですが、著者の筆致がとてもバランスがよく、説得力もありかなり好感を持ちました(生意気すいません)。最後、既得権益批判に終始する事を避けている感じがとても良かったです。中国の水産業の戦略の巧さとか、離島の漁業振興と領土問題の関係とか、そういう資源ナショナリズムに寄った人にも目配せが効いていて、なるほどこれは批判のための批判の本ではないな、と感じました。

魚が食べられなくなる日 (小学館新書)

魚が食べられなくなる日 (小学館新書)

【読んだ】橋本健二『新・日本の階級社会』

新・日本の階級社会 (講談社現代新書)
▼要するに経済構造の矛盾が非正規雇用の人に集中してますよ、という割とマルクスさんなお話。定義やニュアンスの説明に色々不足はあるなと思ったんですけど、しかし「階級」という言葉に政治的なインパクトを意図されてるのは明らかかと。ただ同時に著者は、今の政治状況が、現状の階級対立構造に対して明らかに機能不全である事も指摘する。で、その要因が自己責任論だと。

▼紙幅の大半は、2015年のSSM調査の結果分析に割かれている。社会階層ではなく「階級」という言葉を使い、(多分)日本の生産人口を5種類に分類しますよと。その分類が「資本家階級」「新中間階級」「正規労働者」「アンダークラス」「旧中間階級」だと。で、この中で特筆すべきはアンダークラスだと。本書によれば(強調)、アンダークラスとは要は非正規雇用の男女であり、近年急激に増加していると。分析によって明らかになるのは、労働者全体で見た時に個人収入は減少しているものの、正規労働者の賃金は上がっていると。すなわち、労働者の内部でも正規雇用と非正規雇用の格差が開いていると。その結果として生まれているのは、「アンダークラスという新しい下層階級を犠牲にして、他の階級が、それぞれに格差と差異を保ちながらも、程度の左派あれそれぞれに安定した生活を確保するという、新しい階級社会の現実(P80)」だと。で男性の非正規雇用労働者も諸々だいぶ詰んでるんですけど、現在の制度下では、とりわけ女性の非正規労働の人の状況が厳しいと。

▼階層帰属意識について。実際の格差拡大は近年の話ではなく、ここ40年以上進行していると。しかし、近年の変化は「意識の階層化」で、要は「豊かな人々は自分たちの豊かさを、また貧しい人々は自分たちの貧しさを、それぞれ明確に意識するようになった(P31)」と。

▼階級の固定化について。案の定、階級は固定されていて、世代間移動は起こりにくくなってますよと。

▼政治意識について。本書は、「再配分は必要、なぜなら現状の格差は正当なものではなく、また格差を是正しないと社会的な損失がでかすぎる」という明確な立場を取る(従って、政策提言もこの立場に則ってなされる)。その上で、所得再配分への支持を妨げるのは「格差拡大への認識不足」と「自己責任論」のふたつで、厄介なのが後者だと。散々言われてるように自己責任論の根拠ってかなり脆弱なのに、かなりのボリュームの人にこれが支持されていると。

▼で、「格差拡大容認」「自己責任論支持」「再分配反対」の3点セット揃ってるのが自民党ですよねと。ただ、かつてのように「富裕層→自民党支持」「労働者→野党(社会党とか)支持」みたいな明確な構図は崩れてると。あと、「再配分支持で排外主義」みたいな、これまでの政治的対立構図からは外れる人も出てきてると。まあ要するに、単純に「自民党への対抗政党の不在」ですよねと。で、色々階級ごとの政治意識とか見てみると、どの階級にも「格差拡大否定」「自己責任論否定」「再配分支持」の人はいるけど、彼らの受け皿になる政党はないと。なので、リベラル派は階級横断して連携した方がいいよね、と。

▼確かに類型的な筆致は反感を買いやすいだろうな、と思いました。あと、例えば規制緩和に伴う雇用制度の変化の経緯とか、政治経済的な要因の分析はかなり簡略化しているとも思いましたし、各所にある結論だけ取り出すととりわけ新奇な話が強調されている訳でもないとも思いました。ただそれは単に役割分担の話で、「そういう事をする本だから」あるいは「そういう事をする本ではないから」という事かと思います。相関関係の分析と因果関係の分析があった時に、この本は前者に寄った話をしているんじゃないかと。むしろ大規模かつ継続した調査と分析に基づいたエビデンスベースドの話を提示してくれる事には敬意と感謝を向けなければダメだと思います。

▼ただ、とはいえ「本書をとった読者などは、高学歴のホワイトカラーが大部分で、周囲の同僚や友人の多くもそうだろう(P68)」とか、普通に煽りとして下手なんじゃないの、と思う所も結構ありましたね。あと、もしも一般書として出すのであれば、統計的手法がどう位置づけられているのかとか、質的なリテラシーを少し紹介してほしかったとも思います。あと、まあやっぱり「階級」と「階層」の違いは説明してほしかったですね(僕もこの本読みながら復習しました)。多分、本質的にはドライでかなりテクニカルな書籍なのですが、一般読者への色気の出し方はもう少し別のやり方があるんじゃないのかな、とも思いました。